以前からiPod touchでは使ってみてた「LINE」ってアプリ。

LINE(ライン)-無料通話・無料メールアプリ


で、その時は携帯電話番号、って登録しなかったんです

(iPod touchだからか、どうなのか分からないんですけど、なんとかうまく行っちゃったんですよね。)


ただ、Androidで使おう、と思ってあれこれやってみたんですけど、やっぱりうまくいかない。

まぁ、基本的には携帯電話番号を使って、「この方はアドレス帳に入ってますけど、お友達じゃないですか?」なんておすすめしてる関係もあって、やっぱり携帯電話番号、って必須になってるんでしょうね。


で、ワタシの携帯電話番号を入れりゃいいじゃないの、なんてことを言われそうなんですが、

ワタシが使ってるのは、日本通信(b-mobile)のデータ用SIM。

そう、SMSをやり取りできる電話番号、ってものが無いんです。


【真夏の限定特価】=配送料無料=b-mobile(ビーモバイル)日本通信U300 6ヶ月(185日)使い放題「SIMカード」 BM-U300-6MS【BMU3006MS】
【真夏の限定特価】=配送料無料=b-mobile(ビーモバイル)日本通信U300 6ヶ月(185日)使い放題「SIMカード」 BM-U300-6MS【BMU3006MS】


あ、ついでに、なんですけど、実はコレもそれなりに気になったりするんです。

日本通信 bモバイル4G 高速定額2GBペア-・ギガバイトSIMパッケージ [標準SIM 2枚入り] BM-AMFRLP-2GB日本通信 bモバイル4G 高速定額2GBペア-・ギガバイトSIMパッケージ [標準SIM 2枚入り] BM-AMFRLP-2GB
販売元:日本通信
(2012-06-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

これだけあると結構使えそうですよね。


あ、ちょっと逸れちゃいました。


で、どうしようか考えましたね。SMS、どうにかならないか。

一時はどこでもいいから契約するか?なんて考えたんですけど、

今のところ、それだけの理由で契約する、ってのがちょっともったいないですよね。


で、探してたら、見つけちゃったんです。



データ通信専用SIMでSMSを受け取る方法: TETUの徒然なるままに


こちらのページによると、「Heywire」なるアプリでSMSが受信できるようになるんだそうです。

パソコン向けのHeywire のサイトを見てみると、Androidだけでなく、iOSやWindows Phone にも対応しているようですね。

(↑パソコンで、Heywireのサイトにある「Android Market」のアイコンをクリックすると、Google playの言語表示が英語になりますから、気になる方はGoogle playのページの一番下、言語表示のプルダウンメニューを日本語に戻されると簡単に切り替わりますよ。一応これも付け加えておきますね。)


さて、

早速ワタシのAndroid端末にインストール。で、使ってみました。

説明は先ほどの「TETUの徒然なるままに」のサイトに書いてあったんで、略させていただきますね。


で、ついでにそちらに「LINE」を設定された時の話も載ってたんで、参考にさせて頂きました。


LINEを使ってみて、ちょっと感じたのは、アメリカの電話番号、ということもあって、

公式アカウントもアメリカの公式アカウント、を表示しようとするらしく、

「選択中の国で追加できる公式アカウントがありません」

という表示が出るようになってますね。


ただ、他の国も選択できるようになってるんで、

日本を選択しなおせば、ちゃんといろんなタレントさん、番組、企業などの公式アカウントが表示されるようになりますので、

殆ど使ってても気にならない、なんて感じじゃないでしょうか。


あ、(詳しく使ってないんで、まだよくわかってない部分もあるんですが、)あとは当然電話番号では知り合いを見つけることができないので、

もしかしたら、IDを検索対象にしておく、&IDをきちんとお友達に知らせておく必要があるのかも知れませんね。

無料通話アプリ、の中にはこういったSMSを使った認証方法、ってのもありますし、

こういったツールがあると便利なのかも知れませんね。


(21:23 追伸)

今気がついたんですけど、例えばクーポンなどはアメリカの電話番号で登録していると、利用できないかも知れませんね。

あと、占いに関しても、これだけ占いに熱を上げているのは日本(アジアではどうなのかわからないんですが。)が一番高いような印象もあるので、占いに関しても、アメリカの電話番号ではリリースされないかも知れません。

この辺りを割り切った上で連絡手段として使ってみる、ってのもいいかも知れませんね。