最近検索サイトから「ほしらんどくだまつ」を検索ワードとして、
ワタシのサイトに来て下さる方々が多かったんで、ちょっと行ってみました。



じっくり見てみたんですが、やっぱりおしゃれな建物になっていますね。



普通だと暗くなりがちなイメージもあるんですが、
自転車置き場だって、天井がクリアになっている場所もありますから、
かなり明るく見えますよね。



そうそう、この建物の中にはカフェも併設されてるんです。
その名も「cafe trevi」

価格的には高いわけでもなく、平均的な価格、といってもいいかも知れませんね。
ですが、結構おしゃれなんです。
テイクアウトでもらったんですけど、ちゃんとお店のロゴが入ってるんですよね。
で、お店だけじゃなく、建物全体のことなんですが、
全体的にブラウンが基調になった落ち着いた雰囲気なので、
このカフェも落ち着いた色調になっていますね。

ただ、すごく静寂に包まれるか、と言うと、ワタシが訪れた時間帯(平日の夕方でした)には
学生さんが自習室代わりに使ってるみたいで、高校生の皆さんの元気な声が聴こえてましたよ。

建物の中は写真は遠慮していたんですが、
地元、下松市の紹介コーナーもあったりして、
遺跡からの出土品や地区ごとにどんな観光地があるのかなどを紹介する
タッチパネル端末もあったりするんですよね。

これだと地元が好きになるかも知れませんよね。

ちょっと外もふらふらと歩いてみました。




旧図書館側から見てみました。
この写真の右側が図書館になる予定だそうですよ。
ちなみに本だけではなく、CDも貸出をされる予定なのだとか。
開館は7月を予定してらっしゃるようなので、楽しみに待ちたいと思います。
(中では蔵書を本棚に入れる作業を一所懸命してらっしゃいましたよ)

オープンについて詳しくは市の広報などで告知なさるそうなので、
広報などをチェックしておくといいかも知れませんね。
ちなみに広報は市役所にも置いてありますよ。

山口県下松市/下松市立図書館


外を見ていると、ちょっと座れるように椅子もおいてあるんですが、
単純に四角い石、というだけではなく、手すりが付いているあたり、
おしゃれさと優しさを両立した結果なのかな?
なんて感じたりもしたんですよ。



まだ残っている旧図書館、こうやって改めて見ると、
いろいろと思い出すこともありますね。
入り口から図書館の入口があった2階へ続く階段を見てみると‥‥



シャッターがあったんですね。
今頃初めて知ったりして。



この建物もしっかり記憶に残しておきたい、
そう感じさせる1枚になりました。