今頃、過去のPodcast番組、Apple keynote をダウンロードして
見てたりするワタシだったりします。
こういった時間のあるときでないと、なかなか見ること、ってできませんからね。
やっぱりジョブズさんの惹きつけるチカラ、と言いましょうか、
プレゼンの凄さを改めて感じさせられてます。

さて、一昨々日の記事になるんでしょうか、
スティーブ・ジョブズさん、ゆっくりと休まれて下さい。 : STAR-express @ 山口:
でも紹介したリンクの中にある

スティーブ・ジョブズの感動スピーチ(翻訳)字幕動画:

この中の最後に
Stay hungry. Stay foolish.
とジョブズさんはおっしゃっています。
ワタシもそうなんですが、
この部分がテレビなどでも放映されていたのを
ご覧になった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

テレビでは、放送時間の関係で一部分を切り取って放送せざるを得ない
ということがあったりします。
この記事を書くためにあれこれ調べるまでは
ワタシは、これはジョブズさんが考えられた(最初におっしゃった)言葉だ、
と思い込んでたんですが、
実は、
「The Whole Earth Catalogue」という本からの引用だった、って上の記事を読むまで知らなかったんです。

Whole Earth Epilog - access to tools ホールアースカタログINSPIRED STEVE JOBS Stay Hungry...Whole Earth Epilog - access to tools ホールアースカタログINSPIRED STEVE JOBS Stay Hungry...
販売元:Whole Earth Catalog ホールアースカタログ

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

Amazonにリンクを張りましたが、
この本、無料でインターネット上で公開されてるんです。
Whole Earth Catalog Stay Hungry Stay Foolish:
トップページで本がスライドできるようになっていると思うんですが、
上の写真と同じ表紙を探していただいて
表紙をクリックしていただけると、中身が(全文が)読めるようになっています。

最終号が出されたのが1974年、と表示されていますので、
ワタシがまだ生まれてない頃、こんな本があったんですね。
正直読解力はほとんど無いワタシなんですが、
パラパラと見ていてなんとなく、すごい本だな、ってのは感じますね。


この本が簡潔にまとめられていると感じたサイトがありました。

君は伝説のカタログ「Whole Earth Catalogue」を知っているか? | greenz.jp グリーンズ:

このサイトを見て、なるほど、なんて感じつつ
改めてぼーっと先ほどのサイトを眺めてたりしてます。

ただ、この、「Whole Earth Catalog 」どこかで聴いたことがあったような気がしたな、
と思って、もうちょっと探してみたんです。

ありました。
FM COCOLO:
2010年春に生まれ変わったこのFM局。
関西インターメディア - Wikipedia:
にもあるように、2010年にFM802の関連会社が番組制作に関わるようになって、
方向性が大きく変わったようですね。

その時のページがありました。
日本初、OVER45のためのMUSIC STATION:
同じ文章が少しデザインを変えて、公式ページからもリンクされていますね。
WHOLE EARTH STATION:
ここで語られていた文章が頭のどこかにあったんでしょうね。

いろんな方々に影響を与えた「 Whole Earth Catalogue 」。
同じように、一番上のほうにある
スティーブ・ジョブズさんの演説も、
これからも多くの方々に影響をあたえることになるのかも知れませんね。


スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ I
著者:ウォルター・アイザクソン
販売元:講談社
(2011-10-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

スティーブ・ジョブズ IIスティーブ・ジョブズ II
著者:ウォルター・アイザクソン
販売元:講談社
(2011-11-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ハングリーであれ、愚かであれ。―スティーブ・ジョブズ最強脳は不合理に働くハングリーであれ、愚かであれ。―スティーブ・ジョブズ最強脳は不合理に働く
著者:竹内 一正
販売元:朝日新聞出版
(2011-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る