(続きも含めると、かなりな長文になります。ご了承ください。)

しかし、あちこちにリンク張ろうとネットブックでたくさんタブ開いてたら
コンピューターが一文字打つのに数十分動かなくなるもんですね。
改めてネットブックの非力さを感じたりしてるスターエクスプレスでございます。
今度買い換えるときは絶対タブレット、って思ってるんですけどね。

さて、そんな与太話はさて置いて。
もうご存知だと思いますが、Appleのスティーブ・ジョブズさんが
昨日(2011年10月7日)、亡くなられました。
56歳だったそうですね。まだまだお若いですし、
こういった日がそう遠くない未来、いつか来るとは思ってましたが、
こんなに早く来るとは驚きでした。

各サイトでも追悼のニュースなどが有りました。

おくやみ:アップル会長、スティーブ・ジョブズ氏 -- Engadget Japanese

[N] Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)死去

【訃報】Appleの創業者でiPhoneやiPodを生み出したスティーブ・ジョブズ氏、死去 - GIGAZINE

追悼 スティーブ・ジョブズ氏 - Yahoo! JAPAN
Yahoo!Japanでは追悼特集も組まれましたね。
親会社のソフトバンクがiPhoneを出している関係もあるんでしょうか‥‥

スティーブ・ジョブズ氏の軌跡と託された想い - CNET Japan
いろんなことがありましたね。また、いろんな方々が追悼のコメントを出してらっしゃいます。

マクドナルド原田氏「常識捨て考える力学んだ」 ジョブズ氏死去 :日本経済新聞
Appleで働いてらっしゃった経験もお持ちの原田社長のコメントがありました。

スティーブ・ジョブズに関する走り書き--元海外デスクが見たジョブズ - ZDNet Japan
興味深い記事だったので、リンクさせていただきますね。

こうやっていろんな記事を読んでいると、
どれだけジョブズさんが影響力があった方だったか、
というのを感じさられます。
各地のアップルストアでも献花などが行われていたようです。

スティーブ・ジョブズ 追悼 at アップルストア NY 5th Avenue -- Engadget Japanese

花束、そしてかじりかけのリンゴがそこにはありました アップルストア渋谷 - ねとらぼ
渋谷にはツイートを見ていると、献花してらっしゃる方以外にも、
それを写真に撮ってらっしゃる方もたくさんいらっしゃったようですね。
記憶と記録に残しておこう、という方々なんでしょうか。

いくつか映像でも取り上げておきましょう。

NHK 「クローズアップ現代」のページでは、
インタビューの模様を公開してらっしゃいます。
NHK クローズアップ現代 パソコン界の先駆者

また、スタンフォード大学でのスピーチが日本語に訳されていました。
スティーブ・ジョブズの感動スピーチ(翻訳)字幕動画

すごく感動するスピーチだと思います。
すごく有名なスピーチだそうなんですが、
お恥ずかしいことに初めて目にしました。
色々考えさせられること、自分に問いかけなきゃいけないこと、
まだまだあるような気がします。


ちょっと個人的な話をさせてくださいね。
ワタシがMacを使い始めたのは、
専門学校の頃でしたから、1994年辺りでしょうか。
当時はコンピュータ、というものもほとんど動かしたことはない様な人でしたから、
Appleの「フロッピーのアイコンをゴミ箱に捨てるとイジェクトされる」という事に
いたく感動したのを覚えています。
この頃はまだジョブズさんが復帰されていない頃だったこともあって、
パイオニアから本体にスピーカーがたくさん付いたMacを
パソコンショップで見て、
「こんなのがあるんだぁ」なんて思ったのを覚えています。

考えてみると、あのままほかの会社にもOSを供給していたままだったら
今のAppleは無いのかもしれませんね。

そして、ワタシが初めて買ったのが、初代、ボンダイブルーのiMacでした。
発売されて、そんなに時期は経ってなかったような印象があるんで、
98年のことだったんですね。
スケルトン、とかしか知らなかったんですが、「トランスルーセント」にも
斬新さとかっこよさを感じた、ってのもありました。
その頃はありとあらゆるところに「ボンダイブルー」に似たような色を使って
チャットなど、ネットに書き込みとかしてたような記憶があります。
今と比べて思ったんですが、個性的だったからこそ、愛着がわいたのかもしれませんね。

印象に残っているコマーシャルもいくつもあるんですが、
中でも、いちばん印象に残っているのが、
「Think Different.」というキャンペーンでした。
確かこの頃からでしょうか、
当時6色(レインボーカラー)だったアップルマークが単色になったのは。
今、改めて見ると、もしかして、ジョブズさんのことを言ってるんじゃないか、とも思えてしまうんですよね。
Apple CM Think different. Japanese 60sec. ver.
これも調べてみたんですが、97年に開始されたんですね。
多分その頃はインターネットカフェのような場所に行っては、
チャットなどを楽しんでましたから、
パソコンのコマーシャルが気になってた、ってのもあるとは思うんですが、
今見ても、全く古い感じがしないんですよね。
当時よく行ってたインターネットカフェの話もいろいろあるんですが、
それはまた今度しますね。

その後、常に革新的なパソコンを出してきたApple。
職場にG3とか置いてらっしゃった方は (一般の企業さんだと特に)
目立ったんじゃないかなぁ‥‥ なんて想像してたりもしてました。
そういえば、G4 cube なんて真四角なパソコンもありましたっけ。
そして、iPod、iPhoneと続いて行くんですが、その辺りはご存知だと思います。

いつしか金銭的な事情があって、ウィンドウズに乗り換えてしまった
ワタシだったりするんですが、
ここ数年はPodcastを使って毎回、
「Keynote」だけはチェックしてました。

もちろん、ニュースでこんな発表があった、と知って見てるんですが、
毎回ワクワクするようなプレゼンの数々。
もちろん100%理解できるだけの英語力は持ち合わせてないんですが、
それでも、楽しんで見てました。

ただ、今回だけはまだチェックしてないんですよね。
ジョブズさんの偉大さに改めて気付かされる瞬間だったりしてます。

ただ、あれこれ言うよりも、今はジョブズさんのご冥福をお祈りしたいと思います。
今まで本当にお疲れさまでした。
これからはゆっくり休まれてくださいね。

(大変長い文章になってしまって失礼しました。
最後まで読んでくださってありがとうございました。)


スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン
スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ名語録
スティーブ・ジョブズ名語録

スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション
スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション

スティーブ・ジョブズ失敗を勝利に変える底力
スティーブ・ジョブズ失敗を勝利に変える底力

スティーブ・ジョブズの流儀
スティーブ・ジョブズの流儀