継続する、って大事だって分かってるけど、
すごい難しいんですよね。

ワタシもこのブログ、正直、震災前までは結構書いてたような印象があるんですが、
気がついたらホント疎かになっちゃって。
もしかしたら毎日更新してるかな?
なんて来てくださってた方がいらっしゃったんじゃないか?
と気になったりするんですが、
なるべく、色々と書いていきますね。

さて、
昨日この記事を見つけて、ちょっと感じたことがあったんで、書いてみようかな?なんて感じたんです。
PRAY FOR EAST from SANYO-ONODA: 被災地への血液不足 献血、震災前の水準に逆戻り

山口県赤十字血液センターホームページ

上のアドレスは山口県赤十字血液センターのホームページへのリンクなんですが、
やはりどの血液型も「安心」というわけではないようですね。
震災から1か月以上、マスコミの報道も徐々に減ってきているようにも感じますし、その辺りの影響もあるんでしょうか。
ふとそんな事を感じたりします。
ワタシ個人的には献血を断られてしまったタイプなので、
こうやって献血に行ってください、
とお願いするのは、非常に心苦しいですし、申し訳なく感じるんですが、
もし、お時間が合いましたら、ご協力のほど、よろしくお願いします。

献血、って色々基準があるんですよね。
詳しくは先程の山口県赤十字血液センターのページ、左メニューから
「献血の基準」のページ、もしくは、
お近くの血液センターのページをご覧いただけると助かります。

もしかしたら、震災の直後、全血の献血をされた方がたくさんいらっしゃったみたいなので、
それからまだ献血できるまでの間隔があいてないのかなぁ、なんて感じてたりするおいらだったりもします。